スポンサードリンク

2007年05月12日

PASMO(パスモ)とは? 回数券派には?

鉄道・バスの共通非接触型ICカード乗車券のことで、株式会社パスモが発行しています。名前はPASSNETの「PAS」と、「もっと」を意味する「MORE」の頭文字「MO」をとって名づけられました。

事前に入金(チャージ)することで、その金額分使用できる仕組み。
定期乗車券も購入でき、クレジットカードによるオートチャージ対応カードもあります。PASMOマークのあるお店や自動販売機出の買い物も可能。

PASMOは、2007年3月18日からサービスを開始しましたが、300万枚を発売し在庫僅少となったため、同年4月12日よりPASMO定期券を除き、オートチャージPASMOは発売が一時停止となりました。再開は8月ごろが予定されています。

人気の秘密は?
定期入れから出さずに、改札機の読み取り部にタッチするだけという便利さと私鉄もJRもバスにも使えることで、乗換えがスムーズになったこと。加えてお買い物も出来る便利さ。

使用上の注意:
カードを使わないときは、パスケースを改札機やバス車内の読み取り部に近づけないこと。運賃をSFから減額することがあります。

PASMOでお買い物ができるお店は?
小田急電鉄株式会社
京浜急行電鉄株式会社
西武鉄道株式会社
東京急行電鉄株式会社
東京地下鉄株式会社
東京都交通局
東武鉄道株式会社
※PASMOが使えるSuicaのお店

PASMOの恩恵を受けるのは、主に定期券利用者や、乗車区間の違うバスや電車を利用する人。今、回数券を利用して乗車している人は、そのままのスタイルがお得のようです。回数券には割引がありますから。
posted by えっちゃん at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2007年04月30日

SF ストアードフェア

SF = stored fare
store:〜を供給する、備える
fare:乗車料金

近頃よく耳にするSFとは?
何を略したものかを調べてみました。「SF残高」と使用されているところから、従来のSF(=サイエンス‐フィクション、science fiction)とは、明らかに違います。
関連キーワードは「ICカード」「電車」「バス」など。
交通会社のホームページで見つかりました。

『「SF」(stored fare)とは、ICカード乗車券に記録される金銭的価値で、専ら旅客運賃の支払いや乗車券類との引き換えに充当するものをいいます。』

早く言えば、「主に鉄道やバスなどで使われているプリペイドカードの一種」。
ほとんどの交通会社やカードを発行している会社のホームページでは、SFの意味を説明することなく言葉を使用していました。
「SF」は、いまや市民権を得たあたりまえの言葉のようです。

SF=サイエンス‐フィクション、としか頭に浮かばなかったあなた。
周囲の動きに無関心でいては、取り残されます・・よ。
posted by えっちゃん at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2007年03月29日

MP3(エムピースリー)プレーヤー

デジタル化された音声データ再生機で携帯可能なもの。

MP3は「MPEG-1 Audio Layer-3」「MPEG-2 AudioBC (MPEG-2 Audio Layer-3)」「MPEG-2.5 Audio Layer-3」の総称。ファイルの拡張子は「.mp3」。

「MPEG」は、動画などの標準規格の名称。

著作権保護などの観点から暗号化技術が進み、MP3以外の形式が多用されるようになっていることから、総称して「デジタルオーディオプレイヤー」と呼ばれるようになっています。
MP3以外の圧縮形式で「コーデック(Codec)」を使用する機種に、iPod(アイポッド)などがあります。通常拡張子は「.aa」。著作権保護されたAACファイル形式の拡張子は「.m4a」で「.m4b」へ書き換え可能。
機種はさまざまあり、購入の際はネット上で検索して、情報を得てからがよさそうです。iPodは、転送はiPod間のみ。
posted by えっちゃん at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。