スポンサードリンク

2006年09月01日

メタボリックシンドロームに効く食材

今年5月、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の状況」について、厚生労働省から発表されたのは、記憶に新しいところ。不安になった方々も多かったと思います。

内臓脂肪は簡単に落とせます!
『あるある大事典』(フジテレビ8月27日放送)で簡単に内臓脂肪を燃焼させることができる食材の紹介がありました。
タイトルは、「メタボリックシンドロームの恐怖! 内臓脂肪は簡単に落とせる!─脂肪燃焼を促進させる食品」。

内臓脂肪のついているところは、内臓を覆っている大網(だいもう)と、腸がずれないように固定している腸間膜全体。
皮膚と筋肉の間につく皮下脂肪と内臓脂肪を簡単に見分ける方法は、仰向けに寝ておなかを見ること。お臍周りがポッコリ盛り上がっていると内臓脂肪です。おなかがだぶついていても、皮下脂肪の場合は寝ると平らになります。

幸いなことに、内臓脂肪はつきやすく落ちやすい性質を持っています。
暴飲暴食や運動不足が原因で付いた内臓脂肪は、適量の食事と軽い運動を続けることで比較的簡単に落とせます。
ここで内臓脂肪を効率よく燃焼させるためにやっておくことは、肝臓の機能をよくしておくこと。内臓脂肪量の多かった(危険域)人は、番組の検査で肝機能を示すγ-GTPの数値も異常をきたしていました。

内臓脂肪が付いている腸間膜は血管を通じて肝臓に直結しているため、肝臓を経由しないと脂肪を燃やせずエネルギーとして使われません。効率よく内臓脂肪を燃やすためには肝機能がよくないといけないのです。

内臓脂肪を減らす効果的な食材は─?
番組に出演した糖尿病、血圧、動脈硬化のエキスパートたちが揃ってあげた食材が2つ。
「酢」と「大豆」。

酢は一日大匙2杯。大豆タンパクは1日15グラム。
食べ方は、朝納豆を1パック、昼食時に酢のドリンクをコップ一杯か酢の物を一鉢。夕食時は豆腐半丁か煮豆小鉢一つ。
ポイントは、酢と大豆を同時に摂らないこと。

これを1週間続けて再び検査をしてみると、肝機能に異常をきたしていた被験者のγ-GTPは正常値に、内臓脂肪もそれぞれ確実に減っていました。
この間、食事量を減らしたり運動をしたりの、特別なことは何もなし。

大豆タンパクを構成するアミノ酸は傷ついた肝臓の細胞を修復し、機能を回復させる働きがあり、酢の主成分である酢酸は肝臓細胞の酵素を活性化して、肝臓での脂肪燃焼を促進してくれます。

肝臓に酸っぱいものがよい・・
どこかで聞いたことがある、と、お思いの方は、
もしかして、
チャングム医女修行(18)五臓五腑と五味
をご覧になった方・・。

他に肝機能をアップする食材は、シジミ、豚肉、タコ、緑茶。
シジミにはアラニン、豚肉にはビタミンB1、タコにはタウリン、緑茶にはカテキンが含まれ、肝機能を高め脂肪燃焼を促進してくれます。

「酢と大豆の正しい摂取法」の注意がありましたのでメモりました。
酢は醸造酢と表示されているものを選ぶこと。
酢は水で5倍以上に薄めて飲むこと。
酢は空腹時に摂ると胃粘膜を刺激したり食欲増進作用が働くので、食事中か食後に摂りましょう。
大豆と酢を同時に摂ると、酢酸が大豆タンパクを固め、大豆の成分が吸収されず効果が得られない可能性があります。酢と大豆は1食分、離して摂ること。
posted by えっちゃん at 22:01 | Comment(1) | TrackBack(2) | メタボリックシンドローム

2006年05月10日

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)  ってなに?

metabolic = 新陳代謝の、syndrome = 症候群
metabolic syndrome =代謝症候群

9日朝、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」について、いっせいに新聞各社の一面に記事が掲載されました。
前日、厚生労働省から「平成16年度国民健康・栄養調査結果の概要」が発表されたことによるものです。

調査結果は、
「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の状況について」と同時に、「生活習慣の状況」について
も報告されています。


メタボリックシンドロームの診断基準:

1.ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上を要注意とする
(日本人の場合)
2.要注意に該当するもので、次の3項目のうち、2つ以上を有する場合
(1)血清脂質異常(トリグリセリド値150mg/dL以上、
  またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)
(2)血圧高値(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)
(3)高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)

をメタボリックシンドロームと診断する、と規定されています。
よくわかる言葉に置きかえると、

ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上 →内臓脂肪型肥満
血清脂質異常 →高脂血症
血圧高値 →高血圧
高血糖 →糖尿病

肥満、高脂血症、高血圧、糖尿病の4つは、生活習慣病の中でも「死の四重奏」とも呼ばれ、動脈硬化の危険因子であり、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、狭心症の予備軍です。


これらの疾患は、共通の発症基盤を持つことから、「代謝症候群」「内臓脂肪症候群」という新しいとらえ方で呼ばれるようになりました。



少し前まで、
成人病と言われていましたね。


内臓脂肪型肥満には、食事療法単独による減量よりも、運動することで
より効果的に内臓脂肪を減少させられるということです。

posted by えっちゃん at 23:02 | Comment(2) | TrackBack(6) | メタボリックシンドローム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。