スポンサードリンク

2007年07月31日

「東洋式お肌の手入れ法」 医女チャングムの教え

YAHOO動画で、『チャングムの誓い』を見ています。
何度見ても面白い。
物語の展開はすでにわかっているので、字幕を見ることに重点を置いています。
吹き替え版では理解しづらかったことが、なるほどとよくわかります。

先週見たところで、日焼けシーズンに役立つ情報があったので、メモしておくことに。

医女が薦めるお肌の手入れ法:
1.ヨモギの湯気を浴びる
   →乾燥肌を防いで潤いを保ち、特に女性によい。
   →炎症や痛みを抑える。
2.白伏苓(はくぶくりょう)とハチミツを塗る
   →シミを抑える。
3.桑の木の灰
   →ソバカスに効く。
4.覆盆子(ふくぼんし)
   →肌のくすみを消す。
5.ご飯の湯気
   →チャングムの時代、一番お肌によいとされていた。
6.米のとぎ汁
   →肌を白くする。

覆盆子(ふくぼんし)というのは、バラ科キイチゴ属の実を乾燥したもの。
和名はゴショイチゴ。日本では絶滅危惧種に指定されているようです。
ドラマの中では、子チャングムが怪我をして動けなくなった母親の口に、噛み砕いて入れてあげた野いちごとして登場。

5.と6.は、利用しないのは損というもの。
日本で、曾おばあさんの頃に活躍したぬか袋も、米のとぎ汁と同じ成分なので、手に入らない時は代用しましょう。


posted by えっちゃん at 19:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | アンチエイジング
この記事へのコメント
何とか肌のくすみを消したい
と思ってるのですが。
この情報は参考にさせて頂きます。
Posted by ビーグレン at 2009年10月12日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49851003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。