スポンサードリンク

2006年11月27日

チャングム『大長今』宮廷女官チャングムの誓い
  医女修行(45) 大長今 王の主治医(1)

2007年1月からBS2で、字幕スーパー版が放送されることになりました。
最終回が終わっても、引きずっていたファンたちには朗報です。
吹き替え版では分かりにくかった東医学や薬草、薬など、字幕で確認しながら楽しめます。
カットはしないで全部放送してほしい・・。

今回は今回で、感動が薄れないうちに記録しておきましょう。

チョンホは、王にチャングムを主治医にすることを進言し、自身は重臣たちの標的になり流刑の身に。
追ってきたチャングムに
「お戻りを。王の主治医ともあろうお方が追ってきてはなりません。
今までの苦労がやっと実を結んだのです。投げ出してはなりません。絶対、絶対に。
これまでよりも更に苦しい道です。私的な感情は忘れなさい」
「チョンホさまは忘れられるのですか」というチャングムに、「とっくに忘れました」と冷たくいって見せるチョンホ。
「これだけはお持ちください」と、父の形見のノリゲを後ろでに縛られたチョンホに握らせます。

王に忠誠を尽くし、1人の女性を一途に思うが臣下が、王の愛する女性が自分の愛しい女性と知って、してあげられること。
大きな愛でチャングムを包みました。自分の身と引き換えに。

チョンホのいない宮廷で、デジャングム(大長今)の勤めが始まりました。
腸の弱い王に養生法を説き、貧しい民のために植物の種を配ることを提言し、菜園をいただき天然痘や多くの病の治療法を研究し、時折チョンホを思い出しては寂しさを打ち払い、明るく振舞うチャングムの日々。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28366507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。