スポンサードリンク

2006年08月01日

チャングム 『大長今』宮廷女官チャングムの誓い
医女修行(26) 月の精気と陰の気

ミン尚宮は、ヨンセンに月の精気を取り込む訓練をほどこしていました。

「月の精気を取り込み、陰の気を体に満たす」
と、どんな効果があるのでしょうか?

あやしげなおまじないに見えますが、
東洋医学オンリーの時代ですから、何かあるに違いない。

というわけで、「月の精気」と「陰の気」を調べてみました。

ミン尚宮の指導は、
「口を月に向かって大きく開け、月の精気を深く吸い込んで、体の下のほうに陰の気を溜めるのよ」

「気」は先天の気と後天の気に分けられます。
先天の気は、生まれながらに持っている生命力。
後天の気は、飲食物や呼吸から後天的に得られる生命力。


[キーワード] 夜・月・暗・寒・肺・下

これらは陰陽に分類すると、すべて陰に属します。

気を体内に取り込んでいるのですから、「経絡」に関係しているに違いありません。
経絡は「気」の流れる道筋のこと。

「陰」に属して「気」に関係している経絡は十二経絡のうち、「手太陰肺経」と「足少陰腎経」。

肺の働きに注目
 呼吸と全身および五臓(肝・心・脾・肺・腎)の機能(気)を支配
 下方に降下する生理的運動の方向付けを支配
 音声、皮膚・体毛を支配

腎の働きに注目
 生殖と成長発育のエネルギーを貯蔵
 水分代謝 
 体内の陽気の根本で性機能と生殖能力のみなもと
 骨、骨髄、脳、耳、髪と深いつながり
 腎は呼吸と関係が深い


ミン尚宮は、健康法をよく研究しています。
ヨンセンに陰の気を取り込ませて、腎の働きを整えさせていたのでした。

それにしても、上目づかいとはな声の特訓は・・
ヨンセンは王の前で、ミン尚宮に教わったばかりの接し方で一生懸命に。

ぎこちないヨンセンに吹き出しました。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21761634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。