スポンサードリンク

2006年07月31日

チャングム 『大長今』宮廷女官チャングムの誓い
  医女修行(25) 脚気入心と丸薬(2)

チャングムは、お菓子のようにおいしい丸薬をつくります。
この材料なら、私も・・

[材料] ニンニク・緑茶・米糠・干しナツメの果肉


各食材の成分と薬効

・ニンニク:漢方の生薬名は「大蒜(たいさん)」
  ニンニクに含まれるアリシンという成分が、幅広い薬理効果を持っています。
  新陳代謝を促し、体力増強や疲労回復効果、抗菌活性作用など、
  様々な効果を発揮します。
  加熱すると、臭いは弱くなるが、抗がん作用もなくなるという研究結果も。
    
・ナツメの果肉:漢方の生薬名は「大棗(たいそう)」。
  種子は生薬名を酸棗仁(さんそうにん)といって酸味があります。
  大棗は、強壮作用・鎮静作用、補性作用・降性作用をもち、
  胃腸が弱い、食欲不振、下痢などの消化器系の不調を整える。
  果糖、ブドウ糖などを多く含み、甘い。
  ビタミンB1、Cやカルシウム、鉄、リンなども含む。

・米糠:米糠にはチアミン(ビタミンB1)が多く含まれる。
  ニンニクに含まれるアリシンと結合すると吸収効率がよくなります。
  ビタミンB1は、脚気の特効薬です。
  食物繊維を多く含み便通を整えます。
  食後の血糖上昇抑制、血中コレステロール値低下、血圧降下作用などがあります。

・緑茶:緑茶に含まれるフラボノイドに消臭効果があります。
  他にカテキン、ビタミンC,ビタミンB群、アミノ酪酸などを含む。
  抗酸化、抗突然変異、抗がん、血中コレステロール上昇抑制、血糖上昇抑制、
  血小板凝集抑制、抗動脈硬化、抗菌、腸内細菌叢改善、抗アレルギー作用など。

材料すべてに薬効がありました。

[作り方]
蒸し器に緑茶を入れ、その上にニンニクを乗せて蒸してつぶし、生薬でもあるナツメの果肉で甘く味付けをして、米糠を練り合わせると食感は栗の実のよう。

お菓子作りの上手なチャングムならではの丸薬でした。

皇太后様の脚気入心(かっけにゅうしん)は無事治まって、食欲も出て薬湯も飲み下せるようになりました。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。