スポンサードリンク

2006年06月16日

チャングム 『大長今』宮廷女官チャングムの誓い
医女修行(6)証をきめる物指し:表裏

「証」を決める基準のおさらいをしています。

「表と裏」

 病気がどの程度進行しているかを判断する基準に〈表裏〉があります。
〈表〉はからだの浅い部分、体表部で、皮膚や頭部、運動器を指します。
〈裏〉はからだの深い部分や腹部内臓器で、消化管をさらに〈内〉、〈内〉以外の大部分を〈外〉とに分けています。

 「史記」に出てくる扁鵲(へんじゃく)という医者が述べたという話があります。
 
 「病が体表部にあるうちは罨法(あんぽう)で治ります。血脈にあるうちは鍼石で治ります。腸胃にあるうちは酒醪(ろう)で治ります。しかし、骨髄に入ってしまっては、もう手の打ちようがありません。」

 病は身体の表から現われ、徐々に体の内部に侵入する。
どの位置に病邪があるかで病の進行度を判定し、それぞれの位置に対応した治療法をあげています。
骨髄は、現代医学でいう骨髄とは異なるようです。

 〈表〉〈裏〉は、六経弁証(三陰三陽の六病期)での経過診断と対応して用いられます。
 六病期の中で、死の転帰をとる可能性のある病期では、現代医学との併用を考慮する。
 〈表証〉は、病の初期にみられます。
 〈裏証〉は人体内部の病変で、それには二通りあります。
1つは、表から病邪が入り、内部に進行していったもの。
もう1つは、精神素因、生活素因、内生素因(痰飲・お血)、体質素因による体内に原因があるものです。

一般的に、病が表にあるうちは病勢は浅く、軽くて治療も容易。
病が裏にあるものは、病勢が深く、強くて治療も困難になってきます。

〈半表半裏〉は、病が完全に表にあるのでもなく、完全に裏に入ったものでもない、表と裏の中間にあるものをいいます。

六病期と表裏の対比:

 太陽病=表    →感染症の初期症状(消化管を除く)
 少陽病=半表半裏 →遷延性感冒
 陽明病=裏    →急性の細菌感染症
 太陰病=裏    →消化管の無熱性の機能失調状態
 少陰病=表裏   →上気道の感染(体力があれば太陽病)
           下痢、脱水症状
 厥陰病=裏    →生命の危機状態
           下痢による脱水や貧血による循環不全
           上熱下寒(発熱、手足は冷たい)
          脈は微細か頻脈  

死に至る可能性のあるものは、陽明病、少陰病、厥陰病。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19346129
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。