スポンサードリンク

2006年05月24日

コエンザイムQ10(2) 体のサビ止め

抗酸化作用の酸化とは錆びるということで、体も錆びる。
体のサビは、過酸化脂質(血清LPO)と呼ばれるもの。
体のサビを止める物質は、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)などの抗酸化酵素といわれる酵素と抗酸化ビタミンおよびビタミン様作用物質のコエンザイムQ10などである。

 SOD=Super Oxide Dismutase(スーパーオキシドディスムターゼ)
 Super Oxide=活性酸素
 Dismutase=除去する物質

ビタミンEが欠乏すると、臓器中の過酸化脂質の量が増加し、細胞膜が損傷される。
酸化されやすい脂質を多く摂取すると、血液中のビタミンE量は減少する。
ビタミンCを摂取しても、血液中の過酸化脂質量は減少しない。
ビタミンEは、ビタミンCの還元作用で抗酸化力時間を持続させる。

ビタミンCは、微量の銅イオン、鉄イオンが存在すると逆に酸化を促進し、過酸化脂質を生成する。
ビタミンCの大量摂取は、健康によくない。

コエンザイムQ10の血液中での抗酸化作用は、ビタミンEよりはるかに強く、ビタミンC、Eよりも長時間持続する。老化すると体内のコエンザイムQ10量は減少する。

ところで、ビタミンE、Cの抗酸化作用は動脈硬化の進展抑制作用が期待されるが、遺伝子型の違いで効果のある人とない人がある。
特に、2型のホモ型(2/2型)に分類される人で糖尿病にかかっている場合は、抗酸化ビタミンの摂取は、逆に動脈硬化の進行を促進させるというから要注意である。




posted by えっちゃん at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | コエンザイムQ10
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18296401

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。