スポンサードリンク

2006年05月16日

Google Earth(1) グーグルアースでみえるもの

Google Earth は航空写真と衛星写真を用いた3D地図ソフト。
米Googleは2004年、デジタルマッピング会社Keyholeを買収。2005年6月、Keyholeが持っていた衛星および航空撮影で集めた画像をデータベース化したソフトを拡張し、パソコンでダウンロードして閲覧できるサービスを開始した。

英語版のみのサービスで、パソコンにインストールしたソフトで、地図データをネットを介してストリーミング取得しながら閲覧できる。
無料版と有料版のサービスがあるが、無料サービスでも地球上ほぼすべての地域の3Dイメージが参照可能で、都市部や一部の地域は、建物、車、人影まで識別可能。

画像はズームや角度を変更して表示することができる。

米国の都市部をズームアップしてみると、個人の住宅、車、プール、煙突の数までくっきり見えた。高級住宅街を見たようである。

楽しみ方はいろいろ。手前を大きくに見えるように角度を変え、地球を回転させながら山岳部の起伏を見ていると、空を飛んでいるような気分である。

なお、高解像度画像の提供されている地域について、インド、韓国、タイ政府、オランダなどから、テロリストの攻撃にさらされる危険、軍事上の問題などの懸念が表明されている。


日本では高解像度の地域はおよそ次のとおり。
下記の地域は、撮影した時間帯と地面の色にもよるだろうが、人影まで見えるところがある。

東京都、千葉県、神奈川県はほとんど全域、埼玉県は一部。
甲府市、小田原市、名古屋市、四日市市を含む近隣地域。大阪府はほぼ全域。奈良、京都は都市部。広島市、熊本市は近隣地域まで。
北海道は札幌市、小樽市、江別市、千歳市から苫小牧市にかけた一体。

福岡、新潟、淡路島は、大きな地震があった地域。
広島市の河口部の一部は山岳部並の倍率で、大きな建造物がぼやけて見えるだけ。

不思議発見。
北海道の真狩村周辺が都市部並みの高解像度で表示されるのはなぜ?


posted by えっちゃん at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | Google Earth
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ググって地球探訪。
Excerpt: 今回はナショナル・ジオグラフィックな?話題を(微違)。 Googleと言えば、誰もが知ってるであろう検索エンジンだよね。 って、ココのblog来訪者の7割はYahoo!検索みたいですが(大..
Weblog: Stylish jam - Blog
Tracked: 2006-05-17 16:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。