スポンサードリンク

2006年05月07日

ユダの福音書(3) 聖書外典とされたわけは?

ユダの福音書の書かれた年代は、放射性炭素年代測定法でおよそ、
紀元220〜340年ということである。

この時代は、初期キリスト教の時代で、マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネの4福音書が正典として認められた時代とほぼ一致する。
ユダの福音書は、すでに紀元180年頃、正統派教会の司教から、グノーシス派の異端書として厳しく批判されている。
その存在が、いま確認されたのだ。

マタイ、マルコ、ルカの3福音書は共通する記述が多く、同じような表現もみられることから、参照されながら書き上げられたものという見方がある。

初期キリスト教の時代、写本は教義の整合性をたもつために取捨選択され、現在の新約聖書の形に作り上げられていったということである。



ところで、グノーシス派というのは、どんな教派だったのだろう。

グノーシス派は、天地を創造したエロヒムと真の神(至高神)は別のものであるとする。始めに至高神があり、そこから多くの霊体が生まれ、 物質(自然、人間、宇宙)は下等な神により創造されたものである。

したがって、この世界は悪であり、人間の身体も実体として悪であるが、その中に聖なる火(真の神から降りてきた善なるものであり本来の自己)を含んでいる。
選ばれた者は知識(グノーシス)によって、自己を至高神に復帰させることができる。

キリスト教グノーシス主義では、イエスは至高神の子で、人間に真理を啓示するために遣わされたとする。


ユダの福音書にある、「お前は、真のわたしを包むこの肉体を犠牲とするだろう」のくだりは、まさにこのことを現している。

この書が採用されると、真の教えを理解しているのはユダということになり、新約聖書の教えは、根底から崩れていくことになる。



写本から読み取れる文章の全訳が6月ごろに出版されるということなので 、
当時の異端の書をまとう。
タイトルは『原典 ユダの福音書』。


『ユダの福音書を追え』(日経ナショナルジオグラフィック社刊)は、
この写本の発見から、修復、鑑定のプロセスを追ったノンフィクション。



posted by えっちゃん at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユダの福音書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。