スポンサードリンク

2007年01月14日

日本人の好きな韓国ドラマNo.1は「チャングムの誓い」

チョットうれしい記事を見つけました。
12月14日に行われた韓国観光公社東京支社が実施の「韓流ドラマベスト10」イベントで、『宮廷女官チャングムの誓い』が堂々の1位になりました。
同イベントは、東京で暮らす男女3000人を対象に東京渋谷で行われたもの。『宮廷女官チャングムの誓い』は36%の支持を得て1位に。2位の『冬のソナタ』(19%)を大きく引き離しました。
女優で一番の人気も36%という圧倒的な支持率でイ・ヨンエ(チャングム)です。
なんとチェ尚宮(サングン)を演じたキョン・ミリが、9%の支持率で3位になりました。
悪党だけど憎みきれないキャラクターを作り上げたキョン・ミリのファンがこんなにいたなんて。
素顔のキョン・ミリは3人のお子さんを持つ主婦であり、美容院を経営する実業家でもあります。最初の予定では、ハン尚宮を演じるはずだったのが、チェ尚宮のキャスティングが難航し、監督の「大切な役なんだ」の一言で、キョン・ミリが引き受けることになったのだとか。
2位は『冬のソナタ』のヒロイン(ユジン)のチェ・ジウ(22%)、4位ソン・イェジン(5%)、5位キム・ハヌル(3%)、6位ハ・ジウォン(3%)。 そうそうたる顔ぶれです。
男優部門の一番人気はやはり、不動の人気を誇るヨンさま、ペ・ヨンジュン(23%)。
2位イ・ビョンホン(22%)、3位クォン・サンウ(8%)に続き第4位(5%)を獲得したのが、我らがチョンホさま、チ・ジニです。
チ・ジニは、「チャングムの誓い」後、数々のドラマ、映画に出演し、イメージにとらわれない役柄に挑戦していますね。
ドラマ「春の日」(日本の「星の金貨」リメイク版)で大沢たかおが演じた兄役でキャラクター作りに成功しています。第1話から、チョンホさまとは別人のチ・ジニに引き込まれました。
映画では『女教授の隠された魅力』でイメージとかけ離れた人気漫画家役で大人のラブコメディを、『Perhaps Love (原題:如果・愛)』香港映画では歌も披露、なかなかの歌唱力とのもっぱらの評判。映画『古い庭園』では1980年代、反政府運動の首謀者として逃亡生活を送っていた男を演じ、静かな感動作として話題になっています。今年1月の舞台挨拶には中国などからのファンたちが連日押しかける大変な盛況でした。現在は雀洋一監督のハードボイルド映画『壽(ス)』撮影中で、玄人はだしのカーチェイスを披露し、スタッフを驚かせているとか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。